植物の駆虫成分

※ 2018/6/11追記済

今回、いつものように検索していて

たまたま知ったことですが、盲点だったことを先にお知らせします。

「シトロネロール」という成分は虫除けで使うことも出来ますが、

ダニの誘因に利用されるともあり、身体につけるものではない様に思われます。

なので、シトロネロールの成分の入ったスプレーなどは部屋の隅っこなどに使う方が良いです。

大事なことなので、この後も数回、上記と同じ内容を違う形で出します。

鬱陶しいと思いそうな人は、この先は読まないほうが賢明です。

植物のなかで、虫よけ効果のある成分。有名なもの↓

ネロール・・ (nerol)ーーレモングラス、ホップ、ネロリ、バラのような甘い香りがする無色の液体。
シトロネロール・・・ (citronellol)ーーシトロネラソウ 、バラ、ペラルゴニウム。なんと、WIKIによると「ダニの誘因に利用される」とのこと。注意が必要。
シトロネラ・・・・・コウスイガヤは、熱帯アジア原産のイネ科オガルカヤ属の多年生植物の種で、シトロネラグラスとも呼ばれる。
センダン・・・・・栴檀(せんだん)(白檀とは違うもの)。「皮膚湿疹や疥癬にも」とあります。

(「苦楝子」「川楝子」「苦楝皮」にはアスカロール、バニリン酸などが含まれ、強い駆虫作用があるので回虫、条虫などの駆除薬として用います。)

この先は、調べたい成分の覚書メモになります。

虫除け成分のある植物について、

結構、苦労して集めたのですが手に入る可能性は低いですね。

山登りでもしなくては。

お風呂の素などに入っている成分もあるので、またいつかご紹介します。

オトギリソウ(弟切草)・センキュウ(生薬・漢方成分)

アセビ・アリタソウ・イヌホウズキ・オシダ・コクサギ・サンショウ・ジャケツイバラ

タケニグサ(疥癬)・ネムノキ・ハナヒキノリ(皮膚寄生虫、家畜用)・ミチヤナギ・

ヤブソテツ・ユズリハ

レモンユーカリ(シトロネラ)・シナモン(経皮)・ローズゼラニウム

ここまで読んでいただいた方、ありがとうございます。

何らかの参考になれば幸いです。

また機会があれば、よろしくお願いいたします。

※ 2018/6/11追記済

参考:
日本農業新聞 ttps://www.agrinews.co.jp/p19849.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%A4
http://www.e-yakusou.com/yakusou/ibuki.htm
イー薬草ドットコム
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です