ミツワ石鹸の倒産

ミツワ石鹸の倒産について

多数ではありませんが、上記のことについての検索結果データが上がってきたので

当サイトを見に来てくれた方がいるということで、以前の記事以外に気付いたことを追加します。

(以前の記事にも訂正&追記しましたが長くなりそうだったので・・)

奇跡的に、家にはミツワ石鹸の泡のボディソープの容器があります。

中身は他社の詰替え用などを入れて使っていたものです。

かなり年季が入っていますが、画像も後からupしようかと思います。

汚いと思われるかもしれないので、見たくない方は追記欄を見ないようにして下さい。





当時からアレルギーの心配があり、原材料について見比べて購入していたので

気になるような添加物・合成の原料は殆ど入っていなかったのですが

奇跡的に残った容器の「お茶の香り」には、「EDTA-4Na」、

「チャ葉エキス」というものが入っています。

全成分は、

水、カリ石けん素地、グリセリン、チャ葉エキス、水添ハチミツ、
香料、エタノール、EDTA-4Na

水を除くと7種類のみです。とても少ないです・・が、

EDTA-4Naという成分はそれまでのシリーズには入っていなかった気がします。

確か・・でも、今となってはハッキリ分かりません。

別名、エチレンジアミン四酢酸・四ナトリウム、エチドロン酸、エデト酸四ナトリウムなど。

酸化防止剤的な効果のある成分みたいです。

石鹸の安定性を高める目的という成分ですが、生分解されないとか。

倒産直前の製品には、それまでとは違った

急に肌によくないというか環境にも問題があるような成分が使われてしまった・・

経営状態の悪化が原因で、本意ではない新製品の発売だったのかとも思えます。

前回の記事でもご紹介しましたが、容器が変更になり大幅な値上げもありました。

100年以上も続いた会社の最後が、少し残念で勿体無い気がしました。

薬用石鹸ミューズなどもこの会社です。

石鹸に関しては、他の追随を許さないと言われるような時代もあったのではないか

と思えるので尚更です。。。

ここまで読んでいただいた方、ありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

件の画像は追記欄です。↓

参考:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%81%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3%E5%9B%9B%E9%85%A2%E9%85%B8



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする