ATMの暗証番号を間違った時


2018/1/9追記・訂正済。

キャッシュカードの暗証番号をまちがい、ストップしたので困った件。
引越をした際に変更したのか、仕事が変わったときか
兎に角、心当たりのものとは違ってしまった。
しかも、3回連続でまちがっていたため
「あなたのカードは利用出来ません」と、ストップしてしまいました。
誰だってそんな時、ありますよね・・。
そんな時は、慌てて 「確証のない番号」を立て続けに入力してはいけません。
以下のような困った事になりますので。

先ず、りそな銀行は再発行に1080円かかるので、保留。
普段使わないのに、たまたま使った場合は
使い方を見直すチャンスです! 前向きに発想の転換をしましょう。

・ネットバンキング
・引き落とし専用の口座にする

などがよろしいかと。この際だから・・。
りそな銀行は、ワンタイムパスワードがスマホアプリだったのですが、
スマホ壊れたら終わりなので、パスワード生成機を申し込みする事に。
・・と、ついでに便利な物をゲットしました。

口座管理手数料があるのに、キャッシュカード再発行手数料までかかるとは。

他行の様に、「1回まで無料。2回目以降~有料」くらいになりませんかね・・。

あと、楽天銀行(旧:イーバンク銀行)ですが、開設時に何の根拠もなく
「私はまた、JAZZ支店だ」と思っていたら、なんと・・「エンカ支店」に。
恐るべし、楽天銀行(旧:イーバンク銀行)だったのです。
ま、仕方ない。
ATMで心当たりの暗証番号で出金できなかったので、保留。
(りそなで懲りてしまい、1回で直ぐに止めた。)
ネットバンキング主体なので、パソコンで出来るだろうと
家に帰って調べてみると・・なんと、そこには・・(↓)。

ATMの暗証番号がわかりません | 困ったときは | 楽天銀行(旧:イーバンク銀行)

ATMで利用するキャッシュカード暗証番号はウェブサイトで利用する暗証番号の頭4桁です。【例】ログイン後画面で使用する暗証番号が「123456789」の場合⇒キャッシュカード暗証番号は「1234」となります※ ウェブサイトで利用する暗証番号がご不明な場合は、楽天銀行が郵送する「再登録暗証番号」を使って、再設定してください。

だそうです。
そんなこと、忘れていたので。
今回は、りそな・楽天のATMについてでした。
正確には、楽天のATMはゆうちょ銀行やUFJのATMですが・・。
3万円以上の入出金だと手数料かからなくなるのですが、それだと
「ちょっと」っていう使い方は厳しいですね。
あ、そういうの解消の為にedy使うのかな。
ほかの銀行はまた次回。