子どもを施設へ預ける時


ひとり親で助けてくれる身内もいない、
気が付いたら、すっかりうつ病状態、普通に話が出来ない、
怒鳴って落ち込んでばかりだったので
自分も苦しかったけど子供達はもっとだったと思います。

直ぐにパニック障害状態になってしまい、24時間の虐待ホットラインに
繰り返し泣き喚きながら電話することが癖になっていた。

殴ったりしていませんでしたが、殴るよりもっと酷い虐待だったと思います。

「子供達を助けてやって下さい!」と言っていました。

自分からそのような電話をする人は稀なのだそうです。。

私自身が精神的に不安定だったせいもあって、そうなった(虐待だと思い込む)のか

本人達もあんまり覚えていないみたいですが・・

虐待し我が子を殺してしまった親も、きっと苦しい思いをしていたと思います。

私はもう普通の親ではなく、そういった実子を殺めた人・殺人犯の気持ちに近くなっていた気がする。

そんな繰り返しのある日なんと、子供達を施設で預かって貰うことになったのですが、
その経緯を‥誰か同じ事で悩む方の参考になればと思います。

今回は、「その1」の段階で、2~3〜と続きます。(長くなりそうなので分けます。)
シングルで助けてくれる人が近くに居ないと、
本当に何もかも一人でやらなくてはならなくなります。
それでも、5年~10年近くフルタイムで、職を転々としながら働いてきました。
良い仕事があり、安定した収入で続けていける人には少なくとも収入面での悩みも少ないかと思います。
子どもは2人とも保育所に預けると 夕方6:00まではOK(延長7:00とか)
熱や感染症でさえなければ、安心して働ける状態です。

子どもが小学生になると、学童保育が必要になってくる。
18:00(延長19:00以降は校門が閉まるので委託の学童でないと難しい)
まで自分が家に居ない環境で子どもだけで過ごすというのは危険。
子どもの友達が上がり込んで、めちゃめちゃにされた話も聞いたので。
市の育児支援センターみたいなところで、
「ファミリーサポート」という取り組みもあるけど、お金がかかる。
ボランティアではないから。

ショートステイという、市と児童養護施設の提携するサービスもある。
このサービスは、非課税世帯だと無料になる場合もあります。
市の「母子・福祉課」などという窓口になります。
他に、住んでいる地区の児童館などで、預かってくれるという訳ではないけど
子供用の絵本などたくさん置いてあり、遊ばせてもらえる施設。
(おもちゃは赤ちゃんの物が中心。)
窓口で聞いて子供の登録などをしておくと、何かあった場合は連絡してくれる。

放課後、塾や習い事に毎日行かせる人もいます。これは、お金があれば・・。

くもんは、1教科が 1カ月でなんと・・6290円しました。(週に2回。)

くもんについて。うちの子供達は、宿題が嫌で直ぐに辞めることになり、正直なところホッとしました。

続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする