洗剤について


どうも自分は、「互換性」に対して何故か 特別のこだわりを持っているみたいで‥。
現在、うつ病状態のため人間不信のところがあり、気を許して活動できる範囲が限られており
「これは、あんなことや、こんなことにも使える。発想の転換である」
という喜びが唯一心の支えかも知れません。(ただの貧乏性でもあり・・)
件の「洗剤の互換性」ですが、昔々その昔、目から鱗(ウロコ)だった話がありまして
掃除・ベットメイキングのバイトをしていた時に、リーダー的立場のおばちゃんから
「リンスインのシャンプーでセーター洗えるのよ!」って聞いたのがきっかけで
「ええ~」
「髪の毛を洗うってことは、ウールにもいけるってことやから、おしゃれ着洗いにも良いってこと」
「あ~、あ~、なるほど~。」
「だから、この余ったやつ持って帰り!」
「あ、はい。ありがとうございます。」
成分が似ているっていう事だったかもしれません。
2~3回は実際に使ってみたりして、確かに使えると思いました。
あと、一時期ブームだった「重曹」もそんな風に色々な用途に使える優れものです。
(こっちが一番分かり易い)
その数年後、手作り石鹸に興味を持ち、材料の互換性について・・←ここで下書き保存されていたのですが、
続きが思いつかない。
思いつかないから止まったのかもしれない。
良い話題なので、このまま投稿します。
(昔の日付ですが。)