叱り方について


子どもが小学生くらい迄‥
「止めて」といくら言っても聞いてくれない‥っていうのが繰り返しになり、
行為そのものよりか、繰り返すことが悩みのタネになってしまっています。

止める方法について。

うちの場合はむしろ、止めてくれと言った瞬間にしてしまうことが多々あります。
本人も「あっ!」と言いながら、止まらないという感じ。
毎度毎度になっていて、余り言わないでおこうと限界まで我慢して、
やっと言う時にグッと言葉を飲み込む事もあったり、
イライラと異常な緊迫感を持って見守り・・というより「見張って」しまう事もあります。
それはそれは、子どもにとってはプレッシャーになっている様で‥余計に止まらない様子で
もう、堂々巡りです。

「下手にしかったり注意すると、かえってその行動が多くなる」

‥と、本屋かどこかで見聞きして気になって、(うちは当て嵌まるので)

時間ある時に検索したりしていたのですが

統計や研究結果にもあるような信憑性がある話らしく‥

「~~しないで!」

「~~やめて」

という言い方が

減らしたい行動に対して無意識の注意がいってしまうようになる

(逆に「頭から離れなくなってしまう」ので、サラッと流す方が良い)

のだそう

では、一体どうすれば良いのか…普通の育児書風の意見だと、

「大人は子供の見本の行動をとる」とかそんな結論になると思いますが、

その場合、

「~~ を していない行動」を見せないといけない…のだそうです。

~~をゲームとして考えると…、

ゲームを止めて」と言いながら、

大人は携帯でSNS見てたり(ゲームしたり)する…

ゲームを止めた大人が言わないと・・

あと、タバコについても同じで、止めろといっている人がタバコを吸っているのは・・。

私は何度か言われて怒りを感じたのです。
体の心配とかしてくれているのだと良い方向に考える努力してたりするけど‥
それを言っている人が煙を吐きながら言うので説得力が全くないのです。
(吸わない人は案外、言わないし例え言っても吸わない人の言葉はサラッと聞けてしまい怒りは感じない。)
煙を吐きながらっていうのが矛盾を感じます。

心当たりのある人が多いと思います。
気になっていたため意識して過ごしていたのですが、言われた事がありスッキリしない人が多いかもしれません。

自分自身も子どもに対しては、そういう事になっていると最近になって気づいてしまったので

自戒の意を込めて、覚書します。

ただ、大人には未来がないので(少なくとも子供に比べれば…)息抜きは必要だとも思います。

子どもが、

「お父さん・パパ(お母さん・ママ)は ゲームをやっているのに、なんで俺(私・僕)にだけ言うんだ」

みたいなことを言ってきて、

「大人は良いんだよ」

「なんだそれ~、ずるい」

「ははは。大人になって自分の金でやれ」

って言えるくらいだと・・禍根が残らず良いんではないかと思います。

子どもが言い返せずに言葉を飲み込むタイプだったら注意が必要。

「時間を決めてやりなさい」は、自分も時間を守ること・・。

難しいというか、家族皆が揃って 凄く窮屈かもしれない・・

日本人的な思考?生活パターン。

じゃあ、どうすれば窮屈でなくなるのかっていう悩みをまた抱えることになります。

また思いついたら、追記するか別の場所にポストします。