コンロを使おうとしたら火がつかない

あけましておめでとうございます。

うちは、正月になった途端、ガスが点かなくなり困りました・・。

原因・解決法を調べようとメーカーHPなどを見て何度も確認したのですが、

当て嵌まらず、出張修理を依頼するはめに。

コンロに点火しない場合に、確認するべき(自分で簡単に確認できる)ことがあるので

以下に覚書しておきます。




①コンロに乾電池が正しくセットされていますか?
(セットした乾電池の向きは合っているのか、古い乾電池を使っていないか、など
メーカーのHPによると、

「2本とも新しいアルカリ乾電池を使用してください。」

とあります。)

②ガスの元栓は開いていますか?

元栓が開いている場合には、点火すると、ガスが出る音(シューという音)やニオイがします。

ガスが出ていない場合は、元栓を閉めて開け直してみるなどしてみても良いかもしれません。

③鍋なし検知機能付のコンロの場合は鍋を載せないと点火できないので、
鍋を載せて点火してみてください。

他には引越し直後などに気をつけること

供給されているガスの種類と購入された製品のガスの種類は同じでしょうか?
ガスの種類が異なると正常に燃焼しません。

上記のことをご確認しても点火しない場合は、点検・修理の必要があるかもしれません。

以上、自分でも簡単に出来る「ガスのつかない原因の調べ方」について・・でした。

うちの場合、電池交換した電池が少しズレていたらしく

(単3の電池を単1のサイズにするケースを付けたものを使っていたため。。)

電池の差し直しのみで解決いてしまい、出張費用のみで終わりました・・。

メーカーが一律そうなのかは分かりませんが、出張費用のみで、4320円しました。

上記の価格は「いくらくらいかかるか」の一例です。

正確な金額は修理の担当の人にしか分からないと思われます。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

何か少しでも参考になれば幸いです。

良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。

参考:

https://rinnai.jp/service/faq/kitchen/sisensor/answer

使おうとしたら火がつかない

コンロ全般 回答:よくある質問 - リンナイ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする