言いがかり事故について

先日、知人から随分と酷い言いがかり事故の話を聞きました。

その話とは、

いきなり後ろから呼び止められた
  ↓
人(おじさん)が倒れていた
  ↓
目があった途端、「保険、保険!」と言われた。
  ↓
「こんな目に遭ったからには、後日なんらかの後遺症?などあるかもしれない」
「保険、保険」

などと凄い剣幕で言い立てられ、怖くて言いなりに連絡先(電話番号)を伝えてしまった
  ↓
後日、警察から電話があり現場検証をするとのこと
  
・・という時点で話が止まっているところで調べていたのでしたが。

知人は その「保険保険」と言っていた自称被害者とはぶつかってもいないし、

それどころかかすりもなく呼び止められるまで気付かなかった・・ということでした。





俗に言う「当たり屋」と呼ばれる人に捕まってしまったのではないかと

凄く気になって怖くなってしまい、どうにか方法はないものかと

一緒にいる時にも検索してみたりしたのですが

後からも気になって調べていました・・ので、覚書。

このような言いがかり事故でどのような流れになるのかと

いきつくところはどのような形になるか言うと、

「お金を払う・全面対決・現場での再検証」などがあり、

他にも参考になったことは、

・物損は警察は関与しないので当事者同士の話になる

・被害者(加害者)からストーカーされる場合もある

・場合によっては恐喝強要など(必要以上に何か要求を出されれば恐喝となりかねない)

対処法としては、

対物事故のアジャスターが車をチェックすれば、妥当性は簡単に検証できます。

事故の場合、本体の塗料など付いたものなど専門家が確認すれば分かる事もあるでしょう。

無料法律相談などで対処法を身につける

金品の強硬な要求などは、警察に届ける

などと調べている間に、知人は現場検証に行ってきたそうで

その時には警察が「カメラ設置されている」などと言っていたので

「保険保険」と言っていた自称被害者は直ぐに首を引っ込めたそうです。

そういった当たり屋まがいの言いがかりしているのがどんな人間でも、

「カメラ設置されている」などと言えば逃げ出す可能性が高いです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

何か少しでも参考になれば幸いです。

良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。

参考:

相手の言いがかり?交通事故皆様のご意見を頂きたいです。先日車で細い道を… – Yahoo!知恵袋

自転車同士の事故 -先日、自転車同士で接触事故を起こしてしまいました- 事故 | 教えて!goo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする