乳化剤と下痢の関連性

乳化剤によって下痢が起る可能性が高いとどこかで見聞きして

その時たまたま、菓子パンやお菓子・デザート系(全て乳化剤入り)

を「たまには良いだろう」と、次々に食べていてお腹を壊してしまい、

自分にも当てはまったため、そのことについて調べたくなりました。




先ず、下痢を起こしにくくする方法があったので、引用します。
  ↓

乳化剤として卵黄レシチンを配合した流動食には、
摂取者の下痢が起こりにくくなる傾向が見受けられます。
卵黄レシチンは人工胃液のような強い酸性条件下でも乳化状態が比較的安定していることから、
その乳化安定性が下痢を起こりにくくする可能性が考えられています。

  ↑
こちらを読んでも分かる通り、乳化(安定)性が下痢と関わると思われます。

その他、

ヒトを含むほとんどの哺乳動物は、離乳するとラクターゼの活性が低下する

(大人になると牛乳でお腹がゴロゴロする・・ですね)

また、コーヒーなどのフレッシュなどにも乳化剤は使われており、

コーヒーでお腹を壊す人の話も多数聴いています。

乳化剤=界面活性剤で、界面活性剤と言えば

高濃度の界面活性剤を誤飲すると、口やのど、胃の粘膜が破壊され、嘔吐、下痢、腹痛などの症状が現われ、摂取した量によっては死に至ります。

という、下痢になってもおかしくない材料の含まれているもの=乳化剤入りとも言えます。

少々、強引でしたが・・ここまで読んで頂きありがとうございました。

何か少しでも参考になれば幸いです。

良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。

参考:

第3話 乳化剤 色んな物に入っているが実際……/カクヨム

https://www.kewpie.co.jp/company/corp/newsrelease/2011/08.html

https://www.element-body.com/%E4%B8%8B%E7%97%A2%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E9%A3%B2%E6%96%99/

下痢の原因はコーヒー飲料 | 下痢の改善相談室

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%B3%E7%B3%96%E4%B8%8D%E8%80%90%E7%97%87

乳糖不耐症

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする