漢方: 肌トラブル

暫く放置気味にしていたブログですが、漢方薬のことをメモしておきたくなり

ここを使うことにしました。

薬局で漢方薬を処方されたり、そういう薬局で置いてあった冊子やネットから

情報を得て自分の体験も含めて自分なりにまとめています。(引用元の詳細は下の方に)

大勢の人に当て嵌まるのかは(?)なのですが。

先ず、どの冊子でも「皮膚は内臓の鏡です」との言葉があり、

肌あれやかゆみなども身体の中から(血行・水分代謝を良くし)

治していくとあります。

肌トラブルの代表的なものをざっくりとご紹介します。

  目次
  1: 口内炎、赤みのある炎症
  2: カサカサ、かゆみ、湿疹、皮膚炎
  3: ジクジク、かゆみ、腫れる、化膿
  4: 生理前のしみ、ニキビ
  5: 肌荒れ、イボ 
  6: 痔 
  7: 他

 

1: 口内炎、赤みのある炎症

・口内炎、赤みのある炎症・・黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

口内炎には漢方薬よりもビタミンBがオススメです・・。

ビタミンBは豚肉と玉ネギ、にんにくなどです。

(私は肉が嫌いなので錠剤で摂りますが・・)

 

2: カサカサ、かゆみ、湿疹、皮膚炎

カサカサ、かゆみ、湿疹、皮膚炎・・当帰飲子(トウキインシ)、シモツトウ、ウンセイイン

こちらは薬局でも必ず置いてある定番だと言って良いと思います。

3: ジクジク、かゆみ、腫れる、化膿

こちらの十味敗毒湯、私は飲んでいるとブツブツしたものがなくなり

蕁麻疹も殆ど出なくなりました。

ジクジク、かゆみ、腫れる、化膿・・十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)、

(※ 参考)・湿疹・・オウレンゲドクトウ、ウンセイイン、ショウフウサン、チヅソウイッポウ、
ビャッコカニンジントウ

 

4: 生理前のしみ、ニキビ

↓ 名前から、ヨクイニンに「桂枝茯苓丸料加」が足されたものかと考えられます。

生理前のしみ、ニキビ、・・桂枝茯苓丸料加薏苡仁(ケイシジョウリョウガンリョウカヨクイニン)
ケイシブクリョウガン、

・ニキビ・・ケイガイレンギョウトウ、ジュウミハイドクトウ、セイジョウボウフウトウ
・しみ・・・トウキシャクヤクサン、シモツトウ

  

5: 肌荒れ、イボ

肌荒れ、イボ・・・薏苡仁(ヨクイニン(とても有名です

私は粉末のものをコーヒーに混ぜて飲んだりしています。

普通に、はと麦茶を飲んでいるだけでも良いのではないかと。))

  

6: 痔

痔、・・・・・乙字湯(オツジトウ)

便秘を改善するものも効果があります。おそらく、そちらを治すと
劇的に楽になります。

潤腸湯(ジュンチョウトウ)、
大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)、マシニンガン、
ケイシカシャクヤクダイオウトウ、トウカクジョウキトウ。


  

7: 他

冷え性、貧血、お通じ、不眠、ストレスなども肌には
大きな影響があります。

また、ホコリっぽい環境(空気)なども良くないですね。
空気といえば、花粉症からも悪影響が出てきます。

それらの症状は別の記事でまとめたいと思います。。。。

(因みに、花粉症で効いたのは、荊芥連翹湯です。←鼻炎などにも良いもの)

ここまで読んでいただいた方ありがとうございました。

また気が向いたら覗いてやってくださいませ。・

参考にした冊子・サイト:
お肌の漢方バイブル・・漢方ビュー(リンク可とは確認できず)
漢方薬初めてブック・・クラシエ(漢方セラピー)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E6%96%B9%E6%96%B9%E5%89%A4%E4%B8%80%E8%A6%A7